かんの虫封じ

かんの虫封じで子育て中のママを応援します

ママに抱っこされてすやすやと眠っている赤ちゃんは、天使のように可愛く愛しい存在ですが、赤ちゃんや小さいお子さまの夜泣きやぐずぐず…、癇癪などでお困りになることはありませんか?
そんな時は、どうしていいか分からなくなって、ママも泣きたくなっちゃうかも知れませんね
育児に追われる毎日で、ママにもストレスが感じられてくることもあるでしょう
そんなママのイライラの気持ちを一番敏感に感じ取るのが、お子さまなんです
夜泣きは、赤ちゃんの“心と身体のバランス”が崩れてしまうと起きやすいそうです
  • 子育て
"心と身体のバランス"が崩れていると、夜泣き以外にもこんな症状があらわれてきます
  • ちょっとした物音で目を覚ます
  • ちょっとしたことで激しく泣く
  • 寝る前にぐずる
  • カンシャクを起こしイライラ、モノを投げたり、噛み付いたりする
そんな状態が続くと、体力も段々と低下して、風邪をひきやすかったり食欲が無くなったりもします
"心と身体のバランス"を整えてあげることができると、このような症状も改善し、体力もついてくるのですね

疳の虫は子供だけではありません。
ストレス社会で頑張ってる大人の方々もたくさん出てきます。
一度 試してみませんか。

虫が騒ぐ・虫の居所が悪い・腹の虫が収まらぬ、など、“虫”を使って感情を表す言葉ってたくさんありますね。
人の体の中には、心を騒がす虫が住み着いていると昔から言われております。
その虫を体中から追い出すお加持が、疳の虫封じです。
疳の虫きりは古くから民間に伝わってきた,子供の夜泣き・イラツキを修正する方法です。

疳の虫に関することばは「蟲書(鍼口伝書)」針治諸虫論図(室町時代文献)にでてきます。
昭和38年に発行された文献資料中には、「疳の虫とはなんぞやというに、医学上にては『糸條虫』と称して
~省略~白色の細き絹糸の如き虫なり。~省略~」と、あります。
研究分野の及んでいないことから、不思議なものと曲解されているところもありますが、疳の虫は不思議なものでなく、昔から人間の感情に作用していると、とらえられていました。
  • かんの虫
【お布施】
・おひとり様(年齢にかかわらず)5千円
・お2人様(年齢にかかわらず)8千円
・ご家族様3名様まで(年齢にかかわらず)1万円
※1名様増える毎にプラス3千円となります。

例えば、ご家族4名様の場合
1万円+3千円=1万3千円
ご家族5名様の場合
1万円+6千円(2名分)=1万6千円

要予約となります。
※相談事につきましては、別途志納となります。
  • ストレス社会
※平成22年5月9日、東洋はり医学会の講演会(会場:日本教育会館)にて、「疳の虫と心」の標題で講演を致しました。
東洋はり医学会の皆様、ありがとうございました。
合掌
  • 疳の虫
  • 祈願祈祷
葬儀法事
ページトップ
  • 祈りと供養の寺

    日光ぽっくり地蔵三宝山等泉寺

    宗教法人大念山正福寺別院

  • 〒321-1264 栃木県日光市瀬尾3228-3
    TEL 0288-21-7338
  • QRcode