供養の足りてないと不安をお持ちの方へ

当寺では、「花びら加持祈祷(6000円/年間ご祈祷)」
という供養の形をお勧めしております。

非常に沢山の方にご利用していただいております。

心の悩みや不安は多岐に及びます。
・自分の不幸の原因が分からない
・どうすればこの因縁から離れられるのか分からない
・先の将来に楽しさを感じられない
・事情あってこの世に生まれなかった子供の供養をしたい
・ペットのために祈りたい
・家族が安心して暮らしたい(家内円満)
・人間関係を円滑にしたい
・他

こういったことが、もしかすると先祖の供養の不足が
一因としてあるのかもしれないと、心配や不安になる方々多くなりました。
また、供養の方法でも
「どこで供養をすればいいの」
「供養はどうすればいいの」
「費用がかかるのではないかしら」
と、心配されることも起きます。

当寺の花びら加持は一年間ご祈祷及びご供養で
6千円のお布施です。
金額が安いのではと思う方も多いようですが、
供養は金額の多い少ないではありません。
気持ちのお話です。

気持ちの無い中でいくらお金を積んでみても、
心のお話はお金を積まれても解決できるものではありません。
修行の僧の心得として師より教えていただいた言葉があります。
『人に修法施さんとする者は
自らの心を浄化正道し
慈悲慈愛の信念を持つべし』

僧侶のといえども心の鍛錬をせずには、
その積み重ねは全て無意味となります。
我々僧侶の修行も積み重ね、
ご供養される側の方々も積み重ね
花びら加持祈祷は、そういったことから
「心の積み重ね」を重んじています。


花びら加持の流れですがお申込みを受けてからはじまります。
お申込みをされた方は当寺からお送りしました祈祷紙とお手紙用紙に
一月に一度、想いをお手紙に書いていただきます。
・そのお手紙と祈祷用の花びらが当寺へ届きましたら
当寺で月の終わりにご祈祷致します。

一年間ご利用している方々が段々と落ち着いていくご様子がうかがえます。

この花びら加持の供養で語りかけてください。
想いのうちを書き綴られてください。
そうすることで想いを仏様が受け取られます。

お参りに行きたくともいけないと嘆くことはありません。
その場で参り、心を届ける。
そういった発心することが、供養の道の始まりです。

花びら加持祈祷をお申込みする方の心の悩みは多岐に及びます。
不安や悩みや心の重荷を軽くするために『自ら動く』ことです。

お手紙を書くという『動くこと』で心に滞った霧が晴れてくるでしょう。

合掌
/三宝山 等泉寺

≫ 一覧へ     2017-04-26
ページトップ
  • 祈りと供養の寺

    日光ぽっくり地蔵三宝山等泉寺

    宗教法人大念山正福寺別院

  • 〒321-1264 栃木県日光市瀬尾3228-3
    TEL 0288-21-7338
  • QRcode